浮気調査・不倫調査

浮気調査・不倫調査

弊社へのお問い合わせの中で一番多いのが、浮気・不倫調査のご相談です。

もしかしたら浮気をしているのではないか?と疑いながらも、事実を確かめられずに、ただただ猜疑心だけが高まっていき、苦しい思いで日々を過ごしていませんか?

そのような不安や悩みだけを持ち続ける生活をしていると、徐々に相手への不信感が膨らんでいき、遅かれ早かれ円滑な家庭生活が出来なくなってしまいます。

本当に浮気だろうかといくら悩み続けても何も解決しません。

話し合いするにも、認めさせるのも、目覚めさせるのも、取り戻すのも、裁判するにも、すべて『真実を把握し証拠を掴むこと』から始まるのです。

見逃してはいけない、浮気の兆候。心当たりはありませんか?

  • いつも携帯がロックされている!
  • 携帯の発信着信履歴、メール送受信履歴を削除している!
  • 携帯をいつも身近に置き、片時も手放さない!
  • 残業や会社の付き合いが多くなった!
  • 休日勤務や急な出張が増えた!
  • 金遣いが荒くなり、使途不明金がある!
  • 以前よりファッションに気を使うようになった!
  • 趣味や音楽、食事などの好みが変わってきた!
  • 車の走行距離が知らないうちに増えていた!
  • いつもと助手席の位置がずれている!
  • 車の灰皿に見慣れないタバコの吸殻があった!

思い当るものはいくつありましたか?浮気・不倫をしているとちょっとした行動・態度に本人も自覚がないまま変化が表れることが多いようです。

いつもと何かが違う…
違和感を感じた時、それが調査のタイミング!
浮気・不倫は病気と同じく早期の対応が肝心です。

お一人で悩まずどうぞ、お気軽にご相談ください。

その笑顔は偽りかも…


弊社は浮気調査・不倫調査を得意とする調査会社です。

浮気・不倫調査の料金プラン

ネクスト・ドア探偵事務所では探偵業界で多く見受けられる複雑で依頼者様に分かりにくい料金体系を一掃し、シンプルで分かりやすい料金表を掲げておりますので、安心してご依頼いただけます。

弊社は浮気調査の料金に…

  • 予備調査費
  • 撮影機材費
  • 特殊機材費
  • 車両費
  • 報告書作成費

といった調査、報告に関わる全ての料金が含まれております。

成功報酬や割増料金などの追加料金も一切ございません。

調査時間の延長に関しても、契約時間終了の5~15分前にご依頼者様に調査の状況をご報告して調査を継続するか終了するかのご判断をいただきます。

また、契約時に調査を終了する場合の取り決めも致しますので、勝手に調査時間を延長したり終了したりするようなこともございません。

ネクスト・ドア探偵事務所では料金の透明性と明確化を図り、徹底したコスト削減による破格の低料金と確かな調査力であなたをサポート致します!コストパフォーマンスは業界随一!見せかけの格安料金ではありません!

ネクスト・ドア探偵事務所のお約束も合わせてご覧ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

浮気調査の調査事例

依頼者 会社員(37歳)| 対象者 妻(35歳)

相談内容

妻は昨年からママさんバレーを始めた。

練習で遅くなることもあったが、バレーのメンバーは自分も知っている人たちなので特に気にしていなかった。

だが最近、自分の携帯を肌身離さず持ち歩くようになった。

携帯をチェックするとメールの送受信や発着信履歴が消されている様子。

だが一度だけ、バレーのコーチとかなり親しげなメールのやり取りを発見!自分も知ってる相手なのでまさかとは思うが…妻のパートが休みの水曜日に子供を幼稚園へ送った後からの行動を調査してほしい。

調査結果

対象者宅周辺にて調査開始。

情報どおり、対象者が自転車で子供を幼稚園に連れて行くのを確認する。

対象者は帰宅後、自転車を自宅ガレージに停め携帯電話で話しをしながら自宅を歩いて出る。

対象者は自宅近くの公園沿いに停まっていたワゴン車に乗車する。

30歳代後半の男性がワゴン車を運転しているのを確認。

ワゴン車は市内中心部へ向かう。

対象者と男性がスーパーで弁当や水を購入しているのを確認。

その後、市内の時間貸し駐車場にワゴンを停め、対象者と男性が歩いてラブホテルに入るのを確認。

約4時間後、ラブホテルから出てくる対象者と男性を確認。

両名はワゴン車に乗車し、対象者宅近くの公園まで対象者を送っていく。

依頼者様の指示により調査を解除する。

【調査時間5時間41分】

調査費用

  • 基本調査プラン48,000円
  • 調査時間101分延長27,000円
  • 消費税(5%)3,750円
  • 燃料費(車両1台)2,000円

合計80,750円


調査員メモ

依頼者様の危惧したとおり、相手男性はバレーのコーチでした。

知っている男性だっただけに、余計に怒りがこみ上げて来たそうです。

この後、相手男性に慰謝料を請求し、離婚されました。


※各事例においてはご依頼者様の了解を得て掲載しております。

お問い合わせはこちら


ページの先頭に戻る