安心な仕組み Safe Mechanism

成功報酬制料金

成功のカギを握るのは調査日時の決定

成功報酬制料金

対象者が不貞関係にある人物といつ接触するか?

これがあらかじめ分かっていれば、自宅や会社などから出てくるであろう時間の少し前に調査スタンバイすれば、ほどなく調査結果が得られるでしょう。

しかし、調査前にはっきりと「いつ」「どこで」「誰と」接触するという情報が分かっているケースは少ないのが実状です。また、実際の調査現場でも

「浮気相手とは接触せずに帰宅した。」

「異性と接触したが不貞行為は無く帰宅した。」

上記のような浮気の証拠としては不十分な調査結果になる事が多々あります。予算を気にしないのであれば1週間でも1ヶ月でも毎日張り付いて調査するという方法も考えられますが、やはり効率的ではなく調査の発覚リスクも高まります。

浮気証拠を獲得するまで徹底的に調査を行います

成功のカギを握るのは調査日時の決定

対象者が浮気しているのは間違いないが行動パターンが掴めず、いつ、どこで、誰と接触しているか分からないというご依頼者さま向けに、浮気証拠獲得を目的とする調査プラン『浮気調査 成功報酬制料金プラン』を設定しております。

浮気調査 成功報酬制料金プラン』は、通常の調査のようにご依頼者さまの指定した日時のみを調査するのではなく、対象者の現状をヒアリングし浮気調査において多数の実績があるネクスト・ドア探偵事務所のノウハウを駆使し証拠獲得まで当社が責任を持って調査を行うおまかせの調査プランです。浮気調査のプロのプライドにかけて浮気証拠を獲得するまで徹底的に調査を行います。

成功報酬料金は後払い。調査結果を確認してからのお支払いなので安心

浮気調査 成功報酬制料金プラン』は、調査の日数や時間を気にする必要が無く、どれだけ調査時間がかかっても料金は定額の安心プランです。調査結果が出るまで「調査料金の総額が一体いくらになるのか!?」といった心配がなく、契約前に最終的な金額も計算できます。 契約時に取決めた調査成功の条件(ホテル出入り写真を獲得する等)が達成できた場合にのみ成功報酬の料金が発生します。万が一、結果が出ない場合は、調査料金は着手金のみとなり、他に料金は一切頂きません。もちろん、成功報酬料金は調査結果がとれてから調査報告書と引き換えの後払いですので、安心して調査結果を受け取ることができます。

成功報酬制料金プランは以下のような方におすすめ

  • 対象者が浮気をしているのは間違いない。
  • 対象者がいつ、どこで、浮気相手と会っているか分からない。
  • 慰謝料請求や離婚を考えているので、浮気証拠は必ず押さえたい。
  • 予算が限られているので調査料金を一定額に抑えたい。また、調査料金を事前に取り決めておきたい。
  • 対象者は主に自家用車で行動する。もしくは、浮気相手と会うときは自家用車を使用する。

『浮気調査 成功報酬制料金プラン』の調査実施日時については、基本的に当社の判断により決定しますが、「この日に動く予感がする!」とか、「今週末に相手と会う予定が判明した!」など、特定の情報が得られた際には通常の時間制調査と同じように指定の時間・場所から調査することも可能です。

成功報酬制料金プランの成功条件

成功報酬制料金プランの成功条件

浮気調査の成功条件は基本的にラブホテルの出入りや複数回の相手宅や自宅の出入り、宿泊を伴う旅行やシティホテルなどの出入り状況を撮影できた場合となります。もちろん、食事や買い物、ドライブなど上記以外の接触状況も可能な限り撮影します。

当社の『浮気調査 成功報酬制料金プラン』の調査報告書は、慰謝料請求や調停・裁判において浮気の証拠として採用される内容に仕上げてお渡しいたします。これまでに一度もありませんが、万が一裁判所において当社の調査報告書が対象者の不貞事実としての証拠能力を否認された場合は調査料金を全額返金いたします。

また、依頼者様と協議し、調査契約時に取決めた内容を成功報酬の成功条件とすることも可能です。

浮気調査 成功報酬制料金プラン料金

とりあえず浮気証拠を押さえたい場合はこちら。

不貞証拠獲得ライトプラン

  • 着手金・・・・・20万円
  • 成功報酬料金・・15万円~(難易度により変動)
  • 調査期間・・・・1週間~1ヶ月

継続的な関係の立証(浮気証拠を2回以上獲得)が必要な場合はこちら。

不貞証拠獲得基本プラン

  • 着手金・・・・・30万円
  • 成功報酬料金・・22.5万円~(難易度により変動)
  • 調査期間・・・・2週間~2ヶ月

浮気調査 成功報酬制料金プランについては一定の適用基準を設けさせていただいております。当社規定によりこちらのプランでお受けできない場合もございます。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

安心保証制度

探偵社の調査力はどこでも同じではない

安心保証制度

他の探偵社に「調査が失敗した場合、返金されますか?」と尋ねたら「もちろん、失敗したら返金か調査のやり直しをしますよ。」と、多くはこのような返答になるかと思います。しかし、そのような返答があっても、返金保証についての記載はHPにも契約書にもほとんどみかけられません。

ネクスト・ドア探偵事務所は調査員一人一人が探偵という仕事に責任感とプライドを持って業務にあたっております。探偵の業務内容は不確定要素が多く、返金に関する保証はかなりリスクが高いものです。しかし、あえてこれを掲げることで現場での緊張感と集中力を高め、高品質の調査が維持できるよう日々努めております。調査技能向上のための鍛練を行うのはもちろんのこと、最新の調査機材の導入や研究を定常的に行い、ご依頼者さまのご期待に沿えるよう調査力の向上に妥協はありません。

探偵社の調査力はどこでも同じではありません。調査のご依頼をお考えの方は、まずしっかりとした調査力のある探偵社を選ぶ必要があります。

調査に絶対の自信があるからこそできる安心保証制度

グッドサイン

ネクスト・ドア探偵事務所では、今まで明確な保証がほとんどなかった探偵業界で本格的な保証制度を導入し、ご依頼者さまの費用や調査リスクの軽減に努めています。このような保証制度は高品質で高度な技術・機材を持ち調査力に自信がある当社だからこそ導入できる制度です。

返金保証

万が一、下記の状況になったとき、調査料金を全額返金する保証制度。

  • 探偵社の過失により調査が継続不可となったり、調査報告書に事実とは大きく異なる記載があった場合。
  • 浮気調査成功報酬制料金プランの調査報告書が裁判所に浮気証拠資料として否認された場合。

空振保証

目的の調査結果が得られなかった場合に次回調査の調査料金を割引する保証制度。

  • 調査日に対象者が異性との接触がなかった場合など、次回調査を最大で20%割引。
  •  

徹底した情報管理

探偵社が扱う情報はトップシークレット

徹底した情報管理

探偵社は業務上、依頼者さま及び、調査対象者のとても機密性の高い情報を取り扱うことになります。探偵業法第10条では『業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。』と規定されています。また、同2項に『不正又は不当な利用を防止するための必要な措置をとらなければならない。』とも規定されています。

ただ、具体的にどのような形で情報を取り扱うかまでは決められてはおりませんので、探偵業界の実態としては情報管理のために何か特別な措置をするということは少なく、一般の会社や個人とたいして変わらないセキュリティレベルの探偵社が多いのが実状です。

昨今、公共機関や上場企業でも個人情報の漏洩問題がいくつも発生しています。これら漏洩した内容は「氏名・住所・電話番号」などの個人情報が多いようですが、探偵社が扱う情報はこれとは比べ物にならないぐらい機密性が高いものが含まれています。漏洩してしまうと、その関係者の平穏な生活が脅かされる危険性も考えられます。

探偵社が扱う情報は何があっても漏洩させてはいけないものであり、常に細心の注意を払い、考えうる最大限の措置を講じるべきであると当社は考えております。

情報管理に関する考え方と対策

このような理念の下、当社は創業以来、情報管理の大切さについて真正面から向き合い、対策を講じてきました。もちろん、現在まで情報の漏洩は一切なく、これからも継続させていきます。

情報管理に関する考え方と対策

そして、当社はさらに高い情報管理の実現に向け、これまでよりセキュリティレベルの高いオフィスビルに移転しました。当社ビルは複製・ピッキング不可の非接触型ICカードキーが導入されております。また、警備会社に直通した入退出管理が行われており、異常があればすぐ通報される体制となっております。監視カメラもビル共用部分はもとより、当社オフィス内も遠隔地において24時間録画されております。

当社オフィス内では、ゾーンセキュリティを導入、機密情報の保管エリアゾーンのキーを所持し入室できるのは当社代表と調査責任者のみとし、さらに資料保管庫を開錠できるのは当社代表のみとしております。

映像・画像情報の管理や資料の作成はインターネットと切り離されたPCを使用しております。これらの情報はPCに保存されると同時に暗号化され、情報にアクセスするためには個別のIDとパスワードが必要になり、アクセスログも保存される仕組みとなっております。調査のご報告が終了すれば、関連情報はPC・記録メディアとも米国連邦政府が定めたデータセキュリティ対策基準に準じたデータ消去方法で完全に消去しています。また、紙媒体の情報は業務用マイクロクロスカットシュレッダーで粉砕後に焼却処理しています。

現場調査員への調査資料の提供に関しても調査に関連する必要な情報のみとし、調査員間の情報の共有はLINEやメール等の漏洩リスクが高いツールは使用しておりません。当社の調査員端末はSSL暗号化通信でアクセスを行い、データベース及び調査員端末のキャッシュデータも暗号化しています。端末・通信経路・サーバーを全て暗号化し、端末の紛失・データ盗聴・ハッキング等に対して情報漏洩リスクを限りなく「0」に近づけています。

もちろん、ハード面だけではなく、当社従業員には探偵社として情報の取り扱い方や、情報管理の重要性についての教育・実習は最重要課題として日々行っております。

ただ、残念ながら当社レベルで情報管理の対策を講じている探偵社は日本国内でもごく僅かでしょう。これらの対策は手間や費用、情報管理に対する高い意識が必要になりますが、売上には直接反映されない部分になるので蔑ろにされることが多いのだと思います。

探偵社の扱う商品は情報です。立派な機材を持っていて尾行や撮影が上手くても、情報の取り扱いを軽視する探偵社・調査員は一流とは言えません。

探偵社の情報の取り扱いが気がかりでご依頼を躊躇されている方がいらっしゃいましたら、安心して当社にご相談くださいませ。必ずお力に添えると思います。

  •  
  •